にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

『アラフォー男子の楽なダイエット』お酒をやめずに痩せるブログ

禁酒することなく、簡単に誰でも続けられるダイエットと健康術&節約術について書いていきます。色々な健康グッスの商品レポやオススメ商品の紹介も行います。

【内臓脂肪を落としたい】脂質をコントロールしてダイエットする ~その3 脂肪を燃やすマメ知識~

みなさん、こんばんは

 

一昨日、昨日と

【内臓脂肪を落としたい】脂質をコントロールしてダイエットする その1 その2

について、記事にしていました。

 

主に、食事における脂質の過剰摂取を抑えて、たんぱく質を積極的に取り入れることがダイエットにお勧めであることを『その2』の記事で紹介しました。

 

本記事では、その2で解説できなかった脂肪燃焼が促進される食品について紹介します。

 

というのも、その2の記事を書いているうちに思った以上に、記事の文字数が多くなってしまったため、これ以上解説をすると非常に長文になってしまい、記事が読みにくいものになってしまうと判断したからです。

 

そのため、当初の予定を変更して

今回の『【内臓脂肪を落としたい】脂質をコントロールしてダイエットする ~その3~』

として記事をまとめることにしました。

 

では、本題に入ります。

 

 その3は、その2に続いて、ダイエットに効果的な食品について解説していきます。

 

まずは、その2で解説した脂質が少ない食品についてです。

 

脂質が少ない食品のため、フルーツをダイエットに取り入れることが普及しています。

そのため、なるべく脂質をとらないダイエットとして、フルーツダイエットをして、成功されている人が多いです。

 

フルーツダイエットとは、フルーツを積極的に食べて、カロリーの高いデザートを避けて、ヘルシーにビタミン等を摂取しながらも、糖質や脂質を摂取するのを控えるダイエット方法です。

 

しかし、フルーツダイエットにも落とし穴があります。

 

フルーツダイエットで失敗する人は、フルーツを食べるタイミングが悪いことと、食べる量が過剰になってしまうこと、他の食品を食べないと栄養が偏ってしまうことになります。

 

みなさんイメージしやすいと思いますが、フルーツにはしっかりと糖質が含まれています。

 

そのため、食べ過ぎると、糖質を多くとってしまい血糖値が急激に上がるため太ってしまう可能性があります。

 

それに、あまりイメージがつかないかもしれませんが、フルーツにもしっかりと脂質は含まれます。

 

そのため、いくら太りにくい食品といえども、食べすぎは注意です。

 

かんきつ系の甘酸っぱいものが太りにくいフルーツですが、沢山食べたり夜に食べると脂肪になりやすいので注意しましょう。

 

さて、次は脂肪を燃やしてくれる栄養素分を含んでいる食品について解説します。


お勧めはお酢です。

お酢に含まれている酢酸は、脂肪を燃やしてくれる効果があります。

 

お酢の主成分である酢酸は、脂肪の合成を抑制しますし、脂肪の分解を促進する効果があります。

 

お酢を飲むことによって、ついてしまった内臓脂肪を減少させることができます。

 

昔からコンビニでも黒酢ダイエットという商品があるのは、このためなんですね!

黒酢ダイエットは昔からあるロングセラー商品で、とても美味しくてダイエットに効果的な商品です。 

 

酢酸の他に、脂肪を燃やす成分としては『アディポネクチン』という栄養素です。

正直、私もダイエットに真剣に取り組まなければ知る機会もなかったような栄養素名です。(笑)

 

なかなか、普段の生活では『アディポネクチン』という名前を聞く機会はありません。

 

この『アディポネクチン』を多く含む商品は、玄米や大豆、トマトです。

 

玄米や大豆、トマトの中で、特にトマトは普段の生活で食べる機会の多い食品です。

 

しかも、トマトビタミン等も大量に含んで、とても色々な栄養素を豊富に含む食品です。

トマトは健康な食品なだけではなく、脂肪を燃焼させやすい成分も含む、ダイエットに最適な野菜と言えます、

 

是非とも積極的に食べて、健康的にダイエットをしましょう。

 

その他に『アディポネクチン』を多く含む食品としては、
ひじきオクラといった食品があります。

 

日本の食文化である和食では、小鉢として食べることが多い食品が多いです。

和食の小鉢を代表とする食品は、とても健康に有益な栄養素を多く含んだものが多く、欧米人と違って、日本人が基本的には痩せているのは、この食生活によるところが多いです。

 

そんな、太りやすい食文化ではない、とてもヘルシーで健康的な和食の小鉢として出される食品をしっかり食べることによって、健康的に無駄な脂質も摂取せずに、脂肪も燃焼させやすい食生活とすることができます。


最後に、運動中のお腹の脂肪が燃えやすくなる成分として、緑茶に多く含まれる「カテキン」があります。

 

「カテキン」脂肪を燃えやすくする効果があります。

 

緑茶は自動販売機でも、コンビニでも購入しやすい商品であり、運動前にしっかりと飲むことで脂肪を燃焼しやすくなるために、お勧めな飲料です。

 

是非、運動する前に積極的に飲んでみて下さい。

 

最後に、食生活とは違いますが、脂質を必要以上に摂取しないための取り組みとしては、睡眠時間のコントロールを行うことが効果的といえます。


睡眠が不十分だと、食欲と空腹感を高めるホルモンが分泌されてしまいます。

 

そのため、ダイエットのために一番大事なことは、睡眠時間の確保であり、快眠をとることでしっかりとカロリーを消費して痩せるということを理解してください。

 

夜更かしはお肌に悪い、とよく言われますが、夜更かしはダイエットには悪い。

そう思って、しっかりと気持ちのよい睡眠時間を確保して、健康的に痩せるようにしましょう。

 

 

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz

www.minmindiet.xyz