にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

『アラフォー男子の楽なダイエット』お酒をやめずに痩せるブログ

禁酒することなく、簡単に誰でも続けられるダイエットと健康術&節約術について書いていきます。色々な健康グッスの商品レポやオススメ商品の紹介も行います。

【お酒を飲んでも太らない】食前酒の効果にお酒を飲んでも太らない理由があります

みなさん、こんばんは

 

本日は『食前酒』についての記事です。


お酒を飲むと太る。

というイメージを持っている方は、多いかと思います。

 

お酒を飲むと、アテで脂っこいものが食べたくなってしまったり、お酒そのもののカロリーや糖質によって、水を飲む場合と比較して確かに太りやすくなることは事実と言えます。


しかしながら、お酒を飲むタイミングを調整することによって、こういった太る要素を抑えつつ、太りにくい体質を保つことも可能です。


今回は飲酒によって、体に与える影響とそのメリットについて説明していきます。


私は1年の内休肝日が5日ほど、つまりは99%(360÷365×100)の確率で、ほぼ毎日お酒を飲んでします。


改めて考えてみると、我ながらお酒飲みすぎと思いますね・・・(汗)


お酒にかかるお金は、大体1日あたり150円として(実際はもっと飲んでいる気がしないでもないですが)も、お小遣い生活のサラリーマンには積み重なると馬鹿にならない額になりますね。自分で書いておきながらびっくり・・・


しかし、毎日お酒を飲んでいるからといって太るということはありません。


お酒は最低でも1日350mLは飲んでいます。
週末は1日1L以上はビールかチューハイを飲んでいます。


慢性的にお酒を飲む習慣が染みついていますが、ここ数ヶ月はお酒の飲み方を少し工夫しています。


平日は少し我慢して、お酒を飲む量を1日350mLに減らしているのですが、一番のポイントは、お酒を飲むタイミングです。

お酒を飲むタイミング夕食を食べる30分前~1時間前に心掛けています。

 

この、食事の前にお酒を飲んで少し時間をあけるというのがポイントです。


その代わりに、食事の際は、水か炭酸水で済ますことが多いです。
休日は、食事と一緒に沢山お酒を飲んでいます。


平日の食事の前にお酒を飲んで、しばらく時間をあけてから食事をとる目的としては、主に2つあります。
その2つの目的は以下の通りです。


1.お酒を飲むのが遅くなると、睡眠が浅くなるため
2.食前にお酒を飲むことによる血行促進のため


1.については、過去の記事でも解説しましたね。

 

過去記事はこちら↓↓↓

『飲酒が太る原因』眠りが浅くなることによるダイエットへの阻害要因

www.minmindiet.xyz

 
食事の時間にお酒を飲むと(私のようなお酒大好き人間には)食事の後も、続けてお酒を飲みたくなります。


その結果、アルコールの影響で眠りが浅くなってしまい、疲労回復ができないことと、基礎代謝の低下の原因となるためです。


2.については、食事前にお酒を飲む『食前酒』の効果から解説していきます。


和食で飲むことの多い『食前酒』
『食前酒』和食の文化として根付いていることもありますが、『食前酒』は後に続く食事を楽しむために非常に合理的な食事習慣と言えます。


食事の前にアルコールを取り入れることによって、私たちの体では血行が促進されます。
(もちろん、完全に酔っぱらってしまわない程度が望ましいですよ)


その結果、胃の活動が促進され、胃の活動が激しくなることでエネルギーが消化されやすくなります。


また、アルコールを飲むことによって、誰でも経験のある『食欲増進』にもつながります。
これは、アルコールによって、胃が刺激をされて消化酵素の分泌を増やしたり、脳の中枢神経が刺激されるためです。


あまりお酒を飲みすぎてしまうと、この『食欲増進』が異常レベルに達してしまい、必要以上に食事をとってしまいます。


そのため、食事の前のお酒は、適性な量であれば、『食事をおいしく食べれる』『消化器官の活動を促進し、エネルギーを消費しやすくなる』

という、効果を生み出します。


それであれば

『食事の直前にお酒を飲めばいいのでは?』
と思う方も多いかと思います。


そこは、私なりに工夫している点です。


あまり、お酒と食事を密実に関係つけてしまうと『お酒を飲みたい感情』『食事を食べたい感情』噛み合ってしまい、歯止めが効かないためです。


要するに、私の暴飲暴食の感情を抑えるために

『食事の関係ない時にお酒を飲む』

『お酒に関係ない時に食事をする』

というように、お酒と食事を切り離して楽しもうとしているからです。


この取り組みは、意外と成功しています。


食事に関係ない時間に1本だけお酒を飲むことで、体の血行を高め、カロリー消費も促しています。


ただし、飲んだお酒の量以上の水を飲んで、脱水症状にならないように気を付けています。


辛いですが、お酒を飲んだあとは同じ量の水を飲むことを心掛けるといいです。

 

食事の前にお酒を飲んで、少し時間が経つと、胃の中が液体で満たされるので少し満腹中枢も上がります。


お酒を飲む際には、ツマミで太りやすいと、言われることが多いですが、うまくお酒と食事を分断してあげることで、このことを防ぐことができます。


仕事終わりの一日の慰労に、まずは一杯飲んで少しくつろいでから食事をとる。


この飲酒の仕方は、毎日お酒を飲んで、精神的にリフレッシュ・リラックスもできて、血行も上がって、太らなくて、私みたいなお酒大好き人間には適した飲み方です。


是非、みなさんもお試しください。

今年は、何日休肝日を確保できるでしょうか?

休肝日を確保できなくても、太らないように今年も気をつけます。

 

 

www.minmindiet.xyz