にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

お酒がやめれないアラフォー男子の、誰でもできる簡単・辛くない・お金をかけない、3日坊主にならないダイエットと健康維持について

禁酒することなく、辛い思いをしなくてもいい、簡単で誰でも続けられるダイエットと健康術&節約術について書いていきます。色々な健康グッスの商品レポやオススメ商品の紹介も行います。

お盆中に腫瘍摘出した箇所の抜糸をしてきました

昨日の記事の通り、お盆前に腫瘍摘出をしてました。

そして、お盆中に抜糸をしてきました。

 

手術後、抜糸まで1週間ほど回復を待つのですが

アルコールを飲んだら回復が遅くなる。

という忠告を受けたにも関わらず、全く禁酒をしませんでした。

(昨日の記事の通り数時間後にはしっかり飲んでいます)

 

仕事の後にビールが飲めないなんて、そんなの無理です。

禁酒をして、ダイエットを推進するまたとない機会でしたが、残念でした。

そんな簡単に禁酒できたら誰も苦労はしないですよね。。。

結局一週間飲まない日はありませんでした。。。意志力ゼロ。。。

 

で、抜糸の際にお医者さんに

『アルコール飲みましたね?傷口の回復が遅いですね。』

と言われないか怯えながら診察を受けましたが、問題なし。

『しっかり回復している』

と言われました。良かったです。

 

今回摘出した腫瘍は良性腫瘍で、とくに身体に悪影響はないものでした。

見た目はお尻の一部が膨らんで、100円玉くらいのサイズのできものがあるな。という感覚でした。

 

しかし、いざ摘出すると、ピンポン玉の1.5倍くらいのサイズの巨大な腫瘍が出てきました。

 

皮膚の表層に出ていた100円玉サイズのものは腫瘍の1/10くらいが出ていたものだったのです。

 

特に、痛みを伴うわけではなかったので、気にしていなかったのですが

これだけ大きい腫瘍をとったので、-0.05kgは体重が減っているはずでしょう。

と心の中で思いながら、その大きさに満足して(!?)眺めていました。

 

手術後、抜糸をするまでは、糸がチクチクして、かゆみから思わず少し爪でひっかいてしまうため、無事抜糸が完了してようやくすっきりしました。

 

今回、特に健康に悪影響がない腫瘍でしたが、意外と大きいサイズだったということで、普段目に見えない身体のできものは非常に怖い。

という思いが強まりました。

 

このサイズで悪性腫瘍だったら、と思うと結構怖いです。

 

 

なにはともあれ、健康を損なわずに安心しました。

今後は身体の変化にはもっと気を配り、早めの対処を心がけたいと思います。

今回は対処をするのが遅すぎました。

反省してます。